探偵事務所の選び方

全く分からない探偵業者の選び方についてご説明します。
悪徳業者を見極めるいくつかのポイントを記載しておりますので、業者選びの指標の一つとしてお使い下さい。


探偵業法の施行以前に比べて減ってきたとはいえ、まだ悪徳業者も存在します!
別れさせ屋の詐欺被害も以前に比べて減りましたが、未だにあります!


様々なお悩みで焦ってしまうお気持ちも理解できますが、
「慌てて契約した業者が悪徳業者だった」とならないように、
複数の探偵業者・興信所等にご相談されることをお勧めします。

まずはご相談から

ご自身の現状がどれほど深刻なのか、またどれほどの難易度なのか、プロの視点から解決策、アドバイスなどを行います。
ご相談は24時間無料で対応しております。お電話、メールとご自身の相談内容を伝えやすい方法でお伝え下さい。


探偵事務所 見極めポイント

1. 代表者や責任者の氏名・所在地が公表されていますか?
残念なことですが、一部の探偵事務所・興信所の中には、偽名で運営している会社もあるようです。
正当に調査業務に取り組んでいる会社であれば、偽名を使う必要は一切ありません。
当然、事業所の所在地も公表されています。


2.相談の電話に出るまでが遅い(もしくは繋がらないときが多い)
相談の電話をかけてみて、あまりにも長い時間待たされたり、繋がらなかったりする
探偵事務所・興信所は人員体制に問題がある可能性があります。
ホームページ等で実際の会社規模よりも大きく見せている業者もあります。


3.最初の相談から調査契約を強要してきた(強引な契約)
初回の相談ですぐ契約をする、というのはかなり自分が納得した業者以外では避けた方が良いでしょう。
真っ当な業者であれば初回のご相談から急ぎのご契約を迫るようなことは致しません。


4.他社の見積もりに比べて異様に費用・料金が安い
浮気調査などの調査を行う際に、費用・料金が安ければ安いほど良いと思うのは当たり前の話ですが、
あくまでも探偵業はビジネスであって、慈善事業やボランティアではありません。
安い値段の裏には、必ず何か理由があります。なぜ低料金で調査が可能なのかをしっかり確認しましょう。


5.調査契約書の有無
現在は探偵業法で「契約の内容を明らかにする書面を交付」することが義務付けられています。
理由をつけて契約書の交付をしない探偵業者・興信所は探偵業届出を出していない可能性があります。
探偵業の届出をしていない業者では、届出済みの業者に比べて調査自体が不利になることがあります。


6.探偵業届出が出されているか
探偵業の届出をせずに尾行、張り込み等を行うことは違法になります。
尾行等を行わずに調査結果を出すことは至難の技であることはお分かり頂けると思います。
「営業所の見やすい場所に届出証明書を掲示しなければならないこととする。」という義務もありますので
営業所に出向いての面談・相談であれば、探偵業届出を確認したほうが良いでしょう。


7.無料相談等で、沢山の質問をして下さい
多くの質問をすることに抵抗のある方もいらっしゃるとは思いますが、
真っ当な探偵業者・興信所であれば一つひとつのご質問に丁寧にお答えします。
早めに質問を切り上げるような会社は、答えられない質問がある可能性があります。


8.写真撮影等、証拠は見せてもらえるのか?
調査や実際の証拠などを見せてもらえるのか確認しましょう。
残念なことに、契約後に実際にほとんど活動を行わない業者もあるようです。


9.アドバイスやアフターフォロー等、サービスの充実度
大手の探偵業者・興信所はアフターフォローサービス等にも力を入れています。
特に浮気調査、不倫調査などは調査終了後の無料アドバイスというものがあると便利です。


以上の点が、簡単に悪徳業者を見極るいくつかのポイントです。
最終的にどの業者にするのか、判断を下すのはあなたです。
自分が一番安心・納得できる探偵事務所・興信所を選びましょう。


↑ ページの上部へ